墓石への彫刻

もともと墓石へは、経文や梵字だけが刻まれていましたが、戦国時代には武士階級によって戒名や法名が、そして江戸末期には庶民によって俗名や本名も刻まれるようになりました。

現在では、宗教だけではなく、墓石が和型か洋型かなど、デザインによっても刻まれる文字が異なってきているようですが、刻まれる位置には、それほど違いが見られません。

まず棹石の正面には、家名、題目、文字、柄が刻まれます。

家名は、宗教を問わず、また和型か洋型に関係なく「~家の墓」、「~家先祖代々の墓」、「~家」と刻まれます。

宗教や宗派によって異なりを見せるのが、題目です。

仏教では「南無阿弥陀仏」や「南無妙法蓮華経」、神道では「~家奥津(都)城」、そしてキリスト教では十字架などが主な題目となっています。

洋型の墓石によく見られるのが、「想」「感謝」「愛」「心」などの文字や、故人への詩や俳句です。

棹石の右、または左側面、そして裏面には、戒名・法名、生前名である俗名、命日となる没年月日、享年が刻まれます。

故人に関すること以外では、お墓が建てられた年月日とお墓と建立者名となる施主名が刻まれます。

使用される書体には、楷書、行書、草書、ゴシックなどがありますが、分かりやすさから全体の90%の墓石にには楷書が使用されています。

文字の色に関しては、一般的に正面文字は、色を入れず彫ったままにしておき、その他の文字は黒、紺、そして白など、墓石の色を考慮して見やすい色が選ばれています。

生きている人の名前が刻まれる場合は、朱色を入れて故人と区別をします。

Comments are closed.