墓石と仏教の宗派の関係

墓石に刻まれる文字やその場所は、仏教の宗派によって変わってきます。

現在最も多く見かけるのが「~家の墓」や「~家先祖代々の墓」で、これは、宗教に関係なく共通した文字です。

文字を刻む場所においては、家名、戒名、俗名、名号などは棹石の正面、没年月日と享年は棹石の右側面、そして墓石の建立年月日と建立者名は棹石の左側面にというのが一般的なようです。

これらは、基本的に和型墓に対応しており、洋型墓では、俳句や詩なども刻まれます。

宗派よって異なる点は、次のようになっています。

天台宗は戒名の前に大日如来を表す「阿」字をいれ、墓石にには(ア)が刻まれます。

墓石の頂部には、阿弥陀如来を表す梵字や「南無阿弥陀仏」が刻まれます。

真言宗も天台宗と同様な文字を墓石に刻みますが、「南無大師遍照金剛」と刻むこともあります。

浄土宗では、五重相伝という法令を受けた場合、戒名には、男性なら「禅定門」、女性なら「禅定尼」がつけられ、阿弥陀如来を表す梵字や題字が墓石に彫られます。

浄土真宗本願寺派では、教義上受戒がないことから、戒名ではなく法名と呼ばれます。

法名の前にはお釈迦様の弟子であるという意味を持つ「釈」の字がつけられます。

墓石の正面には、「南無阿弥陀仏」、または「倶会一処」が刻まれます。

臨済宗と曹洞宗では、戒名に特別な決まりがありません。

墓石の頂部には「円相」という丸い円が彫られ、「南無釈迦牟尼仏」と刻まれることもあります。

最後に、日蓮宗も戒名ではなく法名といい、法名の一部に男性は「日」、「法」、女性は「妙」が用いられます。

墓石には「妙法蓮華経」文字がヒゲ文字と呼ばれる書体で刻まれます。

Comments are closed.